2010年04月08日

預金保険料減額も一案=郵政「民業圧迫」批判で−原口総務相(時事通信)

 原口一博総務相は1日の総務省政務三役会議で、政府が決めた郵便貯金の預入限度額拡大などに対して「民業圧迫」批判が強まっていることに関連し、「民間金融機関の経営を圧迫する預金保険料率を引き下げられれば、新たな貸し出し余力も生まれてくる」と述べ、銀行などの事業強化策として、預金保険機構に支払う保険料の減額も一案だとする考えを示した。 

【関連ニュース】
協力しないなら「内閣去れ」=市町村への権限移譲で
NTT再編論議が本格化=光回線敷設会社の分離案も
日本郵便、営業赤字163億円=宅配便子会社の清算で-10年度計画
議論熟さず、急転直下の決着=肥大化に残る疑問点
10府省会見で質問可能=フリー記者への開放状況

概要公表「公益性かんがみた」=銃撃事件時効で警察庁長官(時事通信)
<杉並「夜スペ」>学校使用は正当 東京地裁判決(毎日新聞)
裁判員裁判 長女殺害の元団体役員に懲役7年(産経新聞)
直接支払制度の抜本的改革求める−日産婦学会と産婦人科医会(医療介護CBニュース)
公的年金、資産構成変更せず=次期運用計画を認可−厚労省(時事通信)
posted by ウエムラ アキラ at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

医薬品ネット販売規制は適法=通販会社の無効請求退ける−東京地裁(時事通信)

 薬事法に基づく厚生労働省の改正省令による市販医薬品のインターネット販売規制は違法だとして、医薬品ネット販売会社「ケンコーコム」(東京都)と「ウェルネット」(横浜市)が、改正省令の無効確認などを求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であり、岩井伸晃裁判長は両社の請求を退けた。
 原告側は、薬事法はネット販売を規制しておらず、省令による禁止は法が認める範囲を超えていると主張。薬局の店舗販売が許されるのに、ネット販売を禁止するのは、不合理な差別だと訴えていた。 

【関連ニュース】
阿修羅像の画像サービス=アイフォーンで鑑賞
知人男に懲役1年=押尾被告に麻薬譲渡
広がる住宅のネット販売=安さが特徴、相次ぎ新商品
「押尾被告が入手依頼」=知人男、麻薬譲渡認める
近ツー、連結営業益13億円を予想=ネット販売拡充など推進-10年12月期

規制改革分科会が初会合=鳩山政権で論議スタート(時事通信)
雑記帳 五輪銅の加藤選手が凱旋パレード 山形(毎日新聞)
<爆発>幕末「池田屋」跡地の居酒屋で 3人けが 京都(毎日新聞)
宇佐神宮世襲家、宮司任命巡り神社本庁と対立(読売新聞)
<視聴率>「ウェルかめ」最低、関東で13.5%(毎日新聞)
posted by ウエムラ アキラ at 02:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

<藤子ミュージアム>11年9月3日、川崎市にオープン(毎日新聞)

 「ドラえもん」「オバケのQ太郎」の原画などを集めた「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」が、「ドラえもんの誕生日」である11年9月3日、川崎市多摩区の向ケ丘遊園跡地にオープンする。著作権を管理する藤子・F・不二雄プロが29日、東京都内で計画概要を発表した。

 計画によると、建物は3階建て(延べ約3600平方メートル)で、オリジナルアニメが見られる映像展示室やライブラリー、キャラクターの置物があって散策できる「屋上ひろば」も作る。

 漫画家、藤子・F・不二雄さんは96年に亡くなるまで同区に住んでいた。妻の藤本正子さんが99年、原画の活用を市に相談。敷地は市が遊園跡地を所有者の小田急電鉄から賃借し、建物は藤子プロが建設して市に寄付する。藤子プロの伊藤善章社長は「先生の作品の原点を楽しめるミュージアムにしたい」と話した。【川端智子】

【関連ニュース】
仏頭取り換え訴訟:説明広告の掲載命じる 知財高裁判決
著作権侵害容疑:「桃太郎電鉄」キャラ無断使用で書類送検
電子書籍:普及で総務などの3省合同の懇談会が発足
キャメロン監督:原爆「映画化の意思変わらず」
日本電子書籍出版社協会:出版31社が設立 著作権など研究

食料自給率、20年度に50%=食品安全庁設置へ−農業基本計画(時事通信)
<自殺>半数が処方薬乱用 指示従わず
<子供用アクセサリー>中国、韓国から輸入の9点に鉛(毎日新聞)
強風で交通ダイヤが大荒れ 都内ではけが人も(産経新聞)
<バッハ博物館>再開館 展示スペース2倍に(毎日新聞)
posted by ウエムラ アキラ at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。