2010年05月27日

ネット選挙運動「解禁賛成」が過半数(産経新聞)

 ネット選挙運動の解禁について、賛成派は52・9%で過半数を占めた。逆に反対派は19・2%。解禁後、情報収集にネットを「非常に/やや利用したい」と答えたのは、計60・7%だった。

 一方、「立候補者が使えるようになったらいいと思うサービス」は、ホームページが最多で65・4%。次いで、ブログ(53・3%)、動画共有サービス(41・2%)の順。今回は解禁が見送られる可能性が高いツイッターは25・5%、メールは8・8%だった。

【関連記事】
「レスしなきゃ」疲労感 たまに「休ネット日」を
ネット選挙運動 なぜツイッターはダメなの?
民主ネット放送、番組名は「スタジオ民主なう」
美人市議や進次郎氏も参加 政治家ブログサイト開設
与野党、衆院比例単独候補も解禁の対象に 参院選からネット選挙解禁

不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)
東新児童館で育児中のママが交流(産経新聞)
10億所得隠し、建設会社を告発=「馬毛島」所有の社長も―東京国税局(時事通信)
初任給は誰のために使う? トップは「自分」(Business Media 誠)
「圧倒的ベストセラー」と皮肉=講習教本発行の交通安全協会(時事通信)
posted by ウエムラ アキラ at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。