2010年03月01日

日精協の鮫島会長、3期目満了で退任へ(医療介護CBニュース)

 日本精神科病院協会(日精協)の鮫島健会長が、3月末の3期目の任期切れに伴い、退任することが2月26日、明らかになった。日精協によると、3月5日の役員改選には、長尾卓夫、山崎學両副会長が会長選への立候補を届け出た。

 立候補は19日に締め切ったため、後任は長尾、山崎両氏の争いになる。

 長尾氏は医療法人恵風会(兵庫県姫路市)の理事長で、2002年4月に日精協副会長に就任。一方、山崎氏は医療法人社団山崎会(群馬県高崎市)の理事長で、04年4月から日精協副会長。


【関連記事】
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意
【中医協】認知症患者の退院調整加算などを新設
精神科慢性期治療への評価引き上げを―日精協



天皇公的行為でルール設けず=政府見解「現実的でない」(時事通信)
<火災>男児救出…お手柄の高校生2人に感謝状 京都府警(毎日新聞)
賃貸更新料は無効、家主側が2審も敗訴(読売新聞)
<埼玉県立大>男性講師を懲戒免職 リポート紛失や採点ミス(毎日新聞)
「今度は内定というゴールを目指します」 就活中の女子大生が笑顔で完走 東京マラソン(産経新聞)
posted by ウエムラ アキラ at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。