2010年01月20日

石川容疑者、犯意認める 「後任秘書に虚偽記載指示」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、会計事務担当だった民主党衆院議員、石川知裕容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに対し、これまで「単なるミス」としていた政治資金収支報告書への虚偽記載について「わざと記載しなかった」と犯意を認めていることが16日、関係者への取材で分かった。石川容疑者は後任の会計事務担当だった元私設秘書の池田光智容疑者(32)に「虚偽記載を指示した」とも供述しているという。

 特捜部は小沢氏本人も土地購入などに深く関わっていることから、小沢氏の虚偽記載への関与についても捜査する。特捜部は今月5日、小沢氏に参考人聴取に応じるよう要請したが、小沢氏は多忙などを理由に拒否。しかし現・元秘書3人の逮捕という事態を受け、小沢氏が聴取に応じるかが今後の焦点の一つとなる。

 石川容疑者は平成16年10月、陸山会が東京都世田谷区の土地を約3億4千万円で購入した際、簿外で調達した土地代金4億円を収支報告書に記載しなかったとして逮捕された。池田容疑者は17年1月に土地代金など約3億5200万円を支出したよう虚偽記載したほか、19年春に陸山会が小沢氏に返済金名目で支出した4億円を記載しなかったなどの疑いが持たれている。

 関係者によると、石川容疑者はこれまで、虚偽記載について「衆院選出馬の準備で忙しくて記載を忘れていただけ。単なる記載ミスだ」と主張していたが、最近になって「わざと記載しなかった」と供述したという。さらに「池田容疑者に収支報告書の作成を相談され、『正しく書かなくていい』と指示した」とも供述しているという。

 石川容疑者は土地代金について「小沢先生に相談し、小沢先生の個人資金4億円を充てた」と説明。しかし、特捜部は原資に、国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)工事をめぐり、石川容疑者が水谷建設から受けたとされる5千万円など、工事を受注したゼネコンからの裏献金が含まれている疑いが強いとみて解明を進める。

【関連記事】
輿石参院議員会長、小沢氏進退「ふざけるな!」
鳩山首相は無言 恒例の「初釜」キャンセル
小沢氏進退「なんで?本人じゃないでしょ」 民主幹部が反論
石川議員逮捕で勢いづく自民 「その先にある大きな闇の解明を」
虚偽記載容疑、大久保秘書を逮捕 小沢氏の関与捜査へ

大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い(スポーツ報知)
「全国の見本になるように」=秋田・減反反対派の代表に−農水相(時事通信)
外国人観光客引き寄せる 「昔の日本」イメージの田舎(J-CASTニュース)
<石川議員逮捕>任意聴取拒否 逮捕当日に一転(毎日新聞)
パトカーが民家の塀に衝突=警部補「考え事していた」−警視庁(時事通信)
posted by ウエムラ アキラ at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。