2010年01月29日

<過労死企業公開訴訟>「社会的批判を」原告が陳述(毎日新聞)

 過労死や過労による病気で従業員が労災認定を受けた企業名の公開を国に求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、大阪地裁であった。飲食店店長だった夫(当時49歳)を過労自殺で亡くした原告の寺西笑子(えみこ)さん(61)=京都市=が「過労死や過労自殺をさせるのは企業犯罪。社会的批判にさらされるべきだ」と意見陳述した。国側は請求棄却を求めた。

 寺西さんは陳述で書面を力強く読み、「労災申請と民事訴訟を通じて事実の解明に10年以上もかかった。しかし、悲しみは深まり、今も心の傷が癒えない」と心情を吐露。「過労死や過労自殺をさせた企業には何の社会的制裁もない。公開によって若い人の企業選びに役立つ」と企業名公開の意義を訴えた。

 寺西さんは昨年3月、大阪労働局に情報公開請求したが、「個人の特定につながる」として開示されなかったため、不開示処分の取り消しを求めて提訴した。【日野行介】

【関連ニュース】
教師刺殺:卒業24年後の事件で因果関係認める…甲府地裁
派遣労働者:携帯で条件チェック 連合が2月サイト開設
石綿防護マスク:42都道府県、備蓄ゼロ 完備5県のみ
記者の目:労組は社会連帯の要たれ=東海林智
高次脳機能障害:患者の1割、画像所見得られず 医師調査

警察庁 死因究明研を設置 鳥取、埼玉、相撲部屋リンチ…初動強化で事件闇に葬るな(産経新聞)
「斟酌理由ない」に抗議=官房長官、民意尊重と釈明−沖縄選出議員(時事通信)
<土地購入事件>「5000万円提供指示」と水谷元幹部供述(毎日新聞)
篠山紀信氏を公然わいせつ容疑で書類送検(読売新聞)
水俣病未認定訴訟で和解勧告=原告と国、主張に隔たり−今後の協議難航も・熊本地裁(時事通信)
posted by ウエムラ アキラ at 16:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。